採用担当必見!企業研究の際に就活生がチェックした求人情報の掲載項目や企業研究の方法

三姉妹の長女Aさん(1992年生まれ25歳)の場合

Aさんの現在

Aさんイメージ写真

私は現在25歳で、3年前に就活を経験しました。

周りの友人たちはかなり早い段階から準備をしていたのに対して、今から振り返ってみると私はとてものんきでした。

もっと早くからしっかりと準備をしておけば良かったと後悔する気持ちがないわけではありませんが、現在勤めている会社は社内の雰囲気がとても良く、先輩後輩の礼儀はしっかりとしているものの、会議などでは勤務年数に関係なく、自分の意見をはっきりと発言できる空気があります。

仕事で失敗をしてしまった時は、頭ごなしに怒られるわけではなく、なぜそのような失敗をしてしまったのか、その原因を追究することで今後二度と同じ失敗をしないような流れを、先輩が一緒に考えてくれます。

この会社の人たちは、叱ると怒るの2つの違いをきちんと示してくれて、理不尽に怒られるといったことは一切ありません。

仲の良い社員たちも、仕事になると妥協を許さず、厳しい指摘をされることも少なくありませんが、仕事がうまくいった時の達成感を一緒に味わうことができる環境に、私は心から感謝の気持ちでいっぱいです。

このような会社で働くことができて、就活で私を採用してくれたことを幸福に感じています。

就活で大切にしたこと

就活に関してかなりのんきに構えていた私ですが、大事にしていたことは、自分がどのような会社で働きたいのかをしっかりと考えることでした。

友人の中には、内定をもらえればそれが成功だと考えている人もいましたが、私はどこの会社でも良いから内定がほしいとは考えていませんでした。

この先、長い人生をかけて働くことになるというのに、どこでも良いとは決して考えられませんでした。

そこで、自分が何の仕事をしたいのかを考えた時、困っている誰かをサポートする仕事がしたいと強く思いました。

それは私の性格に起因しているのかもしれませんが、3人姉妹の長女である私は、小さい頃から妹たちの面倒を見ていました。

両親が共働きだったため、中学生になった私は、妹たちの食事の用意をすることもあり、誰かの面倒を見る、サポートするということが当たり前として育ってきました。

そのため、仕事でも困っている人をサポートする仕事がしたいと希望しました。

企業研究で注目した内容

企業研究の際に、求人情報で最も重視したのは、事業内容でした。

その企業がどのようなことを行っているのか、求人情報に記載されている以外にも、企業のホームページを隅々まで確認しました。

必ず確認したのは経営理念

そしてホームページでは、経営理念を必ず確認しました。

どのような理念を持っているのかは大事なことで、そこで働く社員に何を求めているのかがわかるからです。

ホームページそのものも、その企業のイメージを形作るのに重要な役割を担っていると考えています。

時々目にするのが、いかにも素人が作成したかのようなあまりに簡易的過ぎるホームページで、そのようなものにはあまり興味を持つことができません。

工夫を凝らしたホームページが良いのかというと、いくら凝ったものであっても、全く更新がされていないような企業にも魅力を感じることができません。

誰でも気軽に見ることができるホームページだからこそ、見る側を意識したつくりをしているかどうかが気になってしまいます。

どのような業務をするのかも必ずチェック

また、仮に入社することになった際にもっと重要なのが、自分がどのような業務を任されるのかということであり、求人情報の募集職種は厳選する必要があります。

私が希望していたのはサポート業務で、様々な企業研究を行った結果、派遣会社で仕事をマッチングする業務に興味を持つようになりました。

仕事を求めている人に対して、条件の合った求人を紹介することで、派遣先と求職者の橋渡しの役目に魅力を感じました。

そして、派遣会社に絞った就活を行い、現在の会社から内定をもらうことができました。

福利厚生で社員を大切に扱っているかが分かる

事業内容など業務に関すること以外にも、企業研究に欠かすことができなかったのは、福利厚生といった待遇面でした。

年間休日はどのくらいあるのか、有給消化率はどの程度なのか、仕事とプライベートの両方を大切にしたいと考えていた私にとって、それらの情報が記載されている求人情報は貴重でした。

現在の会社もしっかりと記載されていて、社員のことを大切に考えてくれていることがよく伝わってきました。

しっかりと休むことで、しっかりと働くパワーをチャージすることができると考えているので、私はワークライフバランスを重要視しています。

あえて、ネガティブな面も公開してあることで好印象に繋がった

また、残業は平均するとどの程度発生しているのか、休日出勤の有無など、求職者が気になる情報を開示している企業もありました。

実際に入社してから、想像していたよりも残業が多くてしんどい、休日出勤があることを知らなかったなど、思い違いに困惑することのないよう、入社前から知っておきたい情報を求人情報に記載している企業に対して、良い印象を持つのは当然のことです。

そのような企業からは、社員を大事にする気持ちが十分に伝わってきて、ぜひ入社したいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です